バイト

information

お問い合わせボタン
HOME > 坐骨神経痛のページ

坐骨神経痛


お尻や太ももの裏がしびれる・・





坐骨神経痛
とは・・

まず初めに、坐骨神経痛とは「症状」の表現であり、病名ではありません。
「坐骨神経痛」の名前が示すとおり筋肉によって坐骨神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛と言います。


坐骨神経痛の症状を感じる代表的な場所は、
お尻・太ももの裏・ふくらはぎがありますが、どこか一部分だけに坐骨神経痛 症状を強く感じるケースもあれば、足に激痛が走り足全体に坐骨神経痛症状を強く感じるケースもあります。


坐骨神経痛とそれに伴う主な症状としては、以下の理由が挙げられます。

1.腰の痛み、臀部の痛み
2.太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ
3.体を動かすと痛みやしびれが悪化する
4.痛みのため歩行が困難になる
5.足に力が入らなくなる



また、坐骨神経痛は筋肉・骨の強度が衰えてくる中高年の世代に最も多く発症する症状ですが若い世代の人発症も少なくはありません。




坐骨神経痛の施術







坐骨神経痛
がおこるきっかけ

坐骨神経痛は筋肉疲労による骨盤の歪みによって起こることが比較的多くみられます。

また骨盤が歪みを作ってしまうと必然的にお尻や骨盤周りの筋肉が疲労してしまい、筋肉はますます過剰な緊張状態に陥ってしまいます。

その結果、筋肉は腫れを生じます。そうすると梨状筋という筋肉が腰椎から顔を出した坐骨神経を圧迫してしまい、お尻から場合によっては足先にまでしびれや鈍痛を生じてしまうのです。






坐骨神経痛対策


「筋肉を柔らかくして血行を良くする」
「腰回りの筋肉の負担を減らしてあげる」事が2大前提になります。

1、ストレッチ

運動不足やストレッチ不足などで筋肉がカチカチになってしまっていることも坐骨神経痛の大きな原因のひとつです。
毎日少しでも良いので継続的に簡単なストレッチを続けましょう。




2、筋肉の強化

腰は上半身の重さを常に支えています。
腹筋と背筋を鍛えることによって腰の負担を減らす事が出来ます。



3、姿勢

坐骨神経痛への対策として正しい姿勢が必要になってきます。
なぜなら、姿勢がしっかりしたものであれば、全身の筋肉がバランスよく使われるからです。全身の筋肉がバランス良く使われれば、負担が全身の筋肉に振り分けられ、腰や殿部への負担も軽減されます。



4、ウォーキング

散歩は実は全身の筋肉を使う運動です。やればやるだけ、しっかりと効果が出てくるものですので、年配の方、リハビリ途中の方などは取り入れる事をお勧めします。



5、骨盤矯正

坐骨神経痛の痛みを何もせずにガマンしていると、無意識のうちに他の部分でかばってしまいます。かばっている為にカラダに無理が生じ、筋肉が引っ張られたりして骨盤が歪んでしまいます。
骨盤が歪むと余計な筋肉も引っ張られて坐骨神経痛の痛みだけでなく、腰の痛みまで出てきます。
骨盤矯正で骨盤を正しい位置に戻してやると不必要だった筋肉の緊張がなくなり坐骨神経痛や腰の痛みが楽になります。




お問い合わせボタン


ページトップに戻る