バイト

HOME > 腰痛のページ


今まで歩くのが辛かった方も

                         元気に歩けるようになります!  






こんな悩みありませんか?

腰が痛くてまっすぐ立てない
長時間同じ姿勢をしているとすぐに腰が痛くなる
15分歩くと休みたくなる
腰が重くてだるい
お尻から太ももの裏側にかけてしびれる
姿勢によってズキッと腰が痛む
朝、腰に痛みがある
ぎっくり腰になった事がある
出産後に腰が痛くなった







腰痛施術: 八幡市安居塚在住 M.Nさん 30代 女性

かがむと腰に痛みが出るのとお尻の真ん中の骨が常に痛かったので来院しました。通院してから段々と楽になってきました。
先生が最初に時間を掛けて状態を説明してくれたのでとてもわかりやすかったです(^^)


腰痛施術: 八幡市男山在住 S.Kさん 60代 女性

両脚と腰に痛みを感じ歩いていると
ふらふらとなりました。
通院してから段々と楽になってきました。

院長先生が丁寧に施術して
くれるのでとてもありがたいです。

腰痛施術: 八幡市男山在住 Y.Kさん 30代 女性  [職業:パート]

初めは急な腰の痛みで、くしゃみをすると腰に響いていた状態でした。
通院してから段々と楽になり、今では本当に痛みが無くなりました。

痛いところを時間をかけて施術してくれるのでとてもありがたいです。



腰は人体の「要(かなめ)」です

腰は人体の「要(かなめ)」です。
ゴルフのスイングや野球のピッチングなど人が何らかの動きをする時、腰はいつもその中心に存在します。腰を痛めると動きが上手く伝わりません。
腰は人の体にとって一番重要なのです。




腰痛の原因



1、姿勢
姿勢が悪ければ体を酷使する肉体労働でも、長時間座り続けるデスクワークでも、腰痛になることがあります。

腰に無理がかからない姿勢を取れば、腰を支える筋肉の働きもしっかりしてくるのですが、体にとって良くない姿勢を取り続けてしまうと腰を支える筋肉が疲労して腰痛になります。



2、運動不足
腰を酷使しなくても腰痛にはなります。適度な運動やストレッチをしないと、筋肉が硬くなり始めます。それでも何もしないと腰痛になります。


3、ストレス
頭の中であれこれ考えるといった、ストレスを抱えながら荷物を抱える作業などを行っている時に腰背部の筋肉へかかる負担は、ストレスがない時よりも増加すると言われています。

また、腰痛の痛みに耐えたり腰の心配をして不安になったるすることで、余計にストレスが増してしまい腰の痛みが増してしまうこともあります





腰痛を改善するには

骨盤矯正を受ける




上記のような原因なので骨盤のゆがみを整えてあげるのが一番です。

おススメは、保存療法(骨盤矯正)です。
カラダのゆがみを正常に戻し、窮屈な状態の筋肉の負担を減らし、腰の痛み・しびれを軽減していきます。
当院は腰痛の痛み・しびれの症状を何度も軽減してます。
時間は掛かる場合もございますが、お任せ下さい。






施術後の驚きの声 

~腰痛編~






自分でできる事

1、ストレッチ
  
運動不足やストレッチ不足などで筋肉がカチカチになってしまっていることも腰痛の大きな原因のひとつです。
毎日少しでも良いので継続的に簡単なストレッチを続けましょう。
※筋肉を鍛えるのを優先してはダメですよ。



2、姿勢

腰痛への対策として正しい姿勢が必要になってきます。
なぜなら、姿勢がしっかりしたものであれば全身の筋肉がバランスよく使われるからです。全身の筋肉がバランス良く使われれば、負担が全身の筋肉に振り分けられ腰への負担が軽減されます。


3、ウォーキング

早く歩いてはダメです。頑張って長い距離を歩いたからと言って治るわけではありません。むしろゆっくりです。高く膝を上げて筋肉を伸ばすことを意識しながら歩いて下さい。


■院長より一言



当院では症状の根本からの解消を目的として施術をしております。
「筋肉の痛みをとる施術」と、「骨盤のズレを元に戻す骨盤矯正」を同時に行う事によって早期の症状改善が見込めます。


●施術が終わったその時だけは楽になるけど時間が経てばまた辛い思いをされている方。
●辛い症状から本気で解放されたいと思っている方。
●今までカラダのケアをしてこなくて、そのツケが回ってきていると身をもって感じておられる方。

お一人で色々悩むより一度私に相談してみて下さい!




たけのわたる整骨院のご案内

たけのわたる整骨院外観
 ●住所
 〒614-8364 
 京都府八幡市男山松里15-15
 ●アクセス
 京阪バス「しではら」から徒歩3分
 ●駐車場
 当院裏に5台分あり(
アクセス

 


google map



大きな地図で見る  


お問い合わせボタン


ページトップに戻る