バイト
HOME > 野球肩のページ


ボールを投げる時に肩が痛い・・






投げる瞬間が痛い
ボールをリリースした直後が痛い
野球をしている時は大丈夫だけど練習後に痛くなる
ボールを投げると痛いけど、野球をしているとき以外は全く痛くない
キャッチボールの最初は少し痛いけど、続けていると痛みがなくなる




野球肩とは?

野球の投球動作で生じる肩の痛みです。
関節包(かんせつほう)や肩関節に付着する腱や筋の損傷で、損傷の部位によって肩の前方、または後方が痛みます。


ローテーターカフ(回旋筋腱板)

ローテーターカフというのは肩周りのインナーマッスルである4つの筋肉、棘上筋(きょくじょうきん)・棘下筋(きょくかきん)・肩甲下筋(けんこうかきん)・小円筋(しょうえんきん)をあわせて呼ぶ名称です。

これらの筋肉が協力し合いながら投球動作に必要な上腕の外旋、内旋などの動作を可能としております。





野球肩の損傷で最も多いのは棘上筋

野球肩の障害ではローテーターカフを構成する4つの筋肉の中でも、棘上筋が最も損傷を受けやすいです。


投球の際には上腕の外転動作を行う際に主力として働き、投球動作の最終段階で上腕骨が肩甲骨から引き離されそうになる際に、棘上筋が抵抗し関節の損傷や脱臼を防止します。

投手の場合は繰り返しの投球動作を継続的に行う為(棘上筋はその度に抵抗する)、疲労を起こし炎症を発症しやすくなるのです。





どうして野球肩になるのか?

1、投球による利き腕の肩後ろ側の筋肉疲労(棘上筋、棘下筋、小円筋など)
2、その筋肉疲労の影響で肩関節の安定が悪くなってしまう。
3、安定が悪い状態での投球により肩関節(上腕二頭筋長頭腱付着部)への過負荷がかかる。
4筋肉の付着部で炎症が起こる

5軽い炎症から強い炎症になってしまう。棘上筋や関節包などが痛んでしまう。(投げる瞬間の痛みが強くなってくる、でも我慢すれば投げれなくはない)
6ひどい野球肩になってしまい、投手をあきらめなければいけなくなってしまう。(ある一定レベル以上の損傷は手術でなければ治らない。)


※4の時点で手を打たなければ、だんだんと対応が困難になっていきます。




野球肩の原因

1、使いすぎ(オーバーユース)

毎日ボールを投げていると「知らないうちに肩が痛くなってきた・・」です。
野球肩の原因としては、このオーバーユースが原因のことがほとんど、特にピッチャー(ボールを投げる頻度が多いポジション)に多いです。

2、フォームが悪い

投げ方(体の使い方)が悪いと野球肩になるリスクは高くなります。
余計なところに力が入っています。




野球肩の解消法


1、当院の骨盤矯正を受け健常な肩にする

骨盤矯正で肩甲骨を正しい位置に戻し棘上筋が働きやすい環境を作ります。悪いフォームも余計なところに力が入っているからなので、骨盤矯正で余計なところに力が入らないようにします。





2、痛みがある間は投げない

「痛いことはやらない」。これを徹底しなければ、治りは遅くなるばかりです。


3、正しいフォームを習得する

投球ごとに掛かる負担を減らす事もとても重要です。




骨盤矯正料金表


1回      3,800円

回数券6回  19,000円



お問い合わせボタン


ページトップに戻る










たけのわたる整体院の情報


〒614-8364 京都府八幡市男山松里15-15
電話番号075-925-5117