バイト

information

お問い合わせボタン
HOME > 野球肘のページ


元楽天イーグルス専属トレーナーが プロ野球選手に実際にしていた整体法とフォーム修正法で あなたの悩みを改善します







投げる瞬間、肘が痛い
前腕を曲げると肘が痛い
野球をしている時は大丈夫だけど練習後に肘が痛くなる
ボールを投げると痛いけど、野球をしているとき以外は痛くない
痛みがあるので肘が痛くない投げ方を探している





多くの整形外科や整骨院では治療後の投球動作の改善フォーム指導などは行っていません。

治療だけでは状態が改善しないという事やフォーム修正の重要性を知ってもらう事がとても大切です。

多くの治療院では野球肩・野球肘の
発生原因を理解していません。
発生原因を理解しないと状態が改善せず、
再発や痛みを繰り返してしまいます。

当院では
原因を完全に除去することを目標に治療しています。
当院の治療法は
プロ野球チームでトレーナーが選手に行っている手法と同じものになります。
大丈夫、きっとよくなります。








野球肘の施術動画










野球肘とは?
野球肩とは野球が原因で発生する肘の痛みの総称を言います


痛みの発生個所


関節包(かんせつほう)や肘関節に付着する腱や靭帯の損傷で、損傷の部位によって肘の内側、または外側が痛みます。





内側型

肘の内側が痛みます。

 疾患名でいうと「上腕骨内側上顆炎」や「内側側副靭帯損傷」などが内側型に当てはまります。

 
一般的には、前腕にある屈筋(手首をてのひら側に曲げる筋肉)が引っ張る力、ボールを投げる際に肘にかかる外へのひねる力が、くり返しかかることで、肘が痛むと言われています。

 

成長期の子供の場合、骨端線という成長軟骨があり、靭帯や筋肉が骨端線の部分を繰り返し引っ張る事で骨端線の部分がずれを起こし痛みが起こるとされています。


外側型

これは肘の外側が痛くなるタイプです。

 

疾患名でいうと「上腕骨小頭離断性骨軟骨炎」が中心になります。

 

上腕骨小頭断性骨軟骨炎は、投球時に起こる過度の外へのひねる力によって肘関節の骨同士がぶつかり合い、上腕骨の下の方にある軟骨部位が徐々に剥がれてきて起こるとされています。



野球肘の主な症状
スローイング時の肘痛(特にリリース時の痛み)
日常生活では肩の高さよりも腕を挙げた時に痛みが発生することがあります。


野球肩(肘)の根本原因は股関節
股関節の固さにより下半身を上手く使えないと野球肘(肩)の発生リスクが上がります。
なぜならボールを投げる動作は全身運動だからです

・ベルトから上の腕力でボールを投げている選手
・上半身のパワーだけでボールを投げている選手
これらの選手は間違いなく肩肘のケガを経験することになります。
股関節を中心にした運動をしないとケガの発生リスクは下がりません。
股関節の柔軟性を身につけ、全身運動が出来るようにすることが最重要です。


故障しない選手は全身を上手に使ったフォームでスローイングしています。

大リーガーの田中将大選手は股関節が非常に柔らかかったため、甲子園での過酷な連投にも耐えることが出来たのです。
現在の活躍を支えているのは股関節の可動域の高さに他なりません。




ダメージの少ない投球フォームによって生まれるメリット
ケガの予防、回復力が高い、肩・肘の負担が軽減









お喜びの声


野球肘:八幡市 R.Tくん(15歳)




ご挨拶



こんにちは、竹野です。
私も小学校・中学校と野球をやってましたが、肩・肘の痛みに悩まされてきました。その痛みが原因で「選手として大成しない」と自分で勝手に判断して野球を辞めてしまいました。今思えば誰に相談もせずに愚かな行為だったと思います。

治療家になった今、私の肩・肘痛は
身体の固さが大きな原因だったと断言できます。

「投球に必要な筋肉がしっかり動くようにして、肩・肘に負担の掛からない正しいフォームを学ぶ。」


野球肩・野球肘にならないためには必要です。
大好きな野球で苦しまないように、大好きな野球をいつまでも続けられるようにお手伝いをさせて頂きたく思います。
悩みがある場合は当院にご相談下さい。
大丈夫、きっとよくなります。




当院で施術を受ける5つのメリット


1、施術前にしっかりフォームチェック





肩・肘の施術をする前にまずスローイングのフォームチェックを行います。
一緒にプロ野球選手のフォーム画像を見て、正しいフォームを見てもらい、フォームの悪さが原因でケガを発生させている事を認識してもらいます。




2、肩関節と股関節の関節可動域のチェック

正しい投球フォームを身につけるために必ず必要となってくるのが、肩関節と股関節の柔軟性です。ここの柔軟性は絶対に必要となってきます。



3、プロ野球選手が実際に受けている整体法

プロ野球選手が実際に受けている整体法で効果的に肩関節・股関節の筋肉を緩ませます。






4、フォーム修正行います

何故フォーム修正が必要なのか?
今の痛みだけを取り除いても、フォームを改善しなければ再発リスクが高くまた同じケガを繰り返します。
当院では正しい投球フォームを身につけて頂きます。

ビフォー

アフター



ビフォー

アフター




5、
セルフマッサージやケアの方法教えます

セルフマッサージの方法もお伝えします。




 野球肩・野球肘料金表
 1回      6,480円


今だけ!!

「出来るだけ多くの野球肩・野球肘に悩む野球少年を救済したい」「野球肩・野球肘にならないようなフォームを修得して頂きたい」との想いから、1回でもこれだけの変化が出るという事を実感して頂くために・・

初回 1,980円!!

で施術及びフォームチェックいたします。この機会に是非お越し下さい。










追伸


肩肘の痛みを感じている選手達は、痛みのない箇所を探しながら、また痛みに耐えながら投球を行います。
この結果、理想とは程遠いフォームでの投球を繰り返し、症状はさらに悪化していきます。
これにより肩の深部のインナーマッスルや関節唇を傷つけてしまったり、肘の故障を悪化させるケガが発生する事もあります。

一番大切な事は「けがを予防するフォームの獲得」と考えておりますので、確実に関節可動域を戻す治療を行い、その後にフォーム修正をしっかり行ってあげるということがとても大切になります。

正しい過程を踏めば「
野球肘(肩)は改善できます」。




以下に当てはまる方
1、肩関節を90度屈曲出来ない場合(関節唇損傷の可能性あり)
2、肩関節の内旋動作で極度に痛みがある場合(関節唇損傷・腱板損傷の可能性あり)
3、強い可動域制限が出ている場合
4、患者さんが腕を動かした際に肩周囲に極度な痛みを1週間以上訴える場合
5、患部に強い腫れなどが1週間以上ある場合

先に肩関節深部に大きな損傷がないか専門医の診察を必ず受けて下さい







お問い合わせボタン


ページトップに戻る