バイト
HOME > 野球肘のページ


ボールを投げる時に肘が痛い・・








投げる瞬間が痛い
ボールをリリースした直後が痛い
野球をしている時は大丈夫だけど練習後に痛くなる
ボールを投げると痛いけど、野球をしているとき以外は全く痛くない
キャッチボールの最初は少し痛いけど、続けていると痛みがなくなる




野球肘とは?

野球の投球動作で生じる肘の痛みです。
関節包(かんせつほう)や肘関節に付着する腱や靭帯の損傷で、損傷の部位によって肘の内側、または外側が痛みます。





内側型

肘の内側が痛みます。

 疾患名でいうと「上腕骨内側上顆炎」や「内側側副靭帯損傷」などが内側型に当てはまります。

 
一般的には、前腕にある屈筋(手首をてのひら側に曲げる筋肉)が引っ張る力、ボールを投げる際に肘にかかる外へのひねる力が、くり返しかかることで、肘が痛むと言われています。

 

成長期の子供の場合、骨端線という成長軟骨があり、靭帯や筋肉が骨端線の部分を繰り返し引っ張る事で骨端線の部分がずれを起こし痛みが起こるとされています。


外側型

これは肘の外側が痛くなるタイプです。

 

疾患名でいうと「上腕骨小頭離断性骨軟骨炎」が中心になります。

 

上腕骨小頭断性骨軟骨炎は、投球時に起こる過度の外へのひねる力によって肘関節の骨同士がぶつかり合い、上腕骨の下の方にある軟骨部位が徐々に剥がれてきて起こるとされています。






野球肩の原因

1、使いすぎ(オーバーユース)

毎日ボールを投げていると「知らないうちに肩が痛くなってきた・・」です。
特にピッチャー(ボールを投げる頻度が多いポジション)に多いです。

2、フォームが悪い

投げ方(体の使い方)が悪いと野球肘になるリスクは高くなります。
余計なところに力が入っています。

3、筋力バランスの不均衡

一言でいうと筋肉が硬いのが原因です。
筋肉を緩めてあげる必要があります。




野球肘の解消法


1、当院の骨盤矯正を受け健常な肘にする

骨盤矯正で肩甲骨を正しい位置に戻し肩から肘への伝達がスムーズにいく環境を作ります。悪いフォームも余計なところに力が入っているからなので、骨盤矯正で余計なところに力が入らないようにします。





2、痛みがある間は投げない

「痛いことはやらない」。これを徹底しなければ、治りは遅くなるばかりです。


3、正しいフォームを習得する

投球ごとに掛かる負担を減らす事もとても重要です。




骨盤矯正料金表


1回      3,800円

回数券6回  19,000円



お問い合わせボタン


ページトップに戻る