バイト

information

お問い合わせボタン
HOME > ぎっくり腰のページ

や、やってしまった・・



ぎっくり腰とは?

腰に不自然な力が持続的に加わり続けて起こる「炎症」の事です。


主な原因

ぎっくり腰になる原因は、運動不足などで弱っている腰に、長時間のデスクワークなどが原因で腰に負担がかかりすぎてしまうことです。

10代や20代の若い人であっても、パソコンの前に座りっぱなしでいるなど、腰に負担をかけすぎてしまうと、ぎっくり腰になってしまうんです。

そして、ぎっくり腰を発症するキッカケは日常のふとした動作。
たとえば、くしゃみをした時、体をひねった時、床に落ちた物を拾った時など、弱っていた腰に瞬間的に大きな負荷がかかると、ダムが一気に決壊したかのように、腰に痛みが走るようになるんです。

「まさかそんなことでぎっくり腰になるの・・・!?」という原因でぎっくり腰を発症する人はたくさんいます。
ですから、普段から腰に負担をかけている人は、若い人であっても要注意。

ぎっくり腰になると大変です。
痛みのレベルにもよりますが、平均して3日ほどは激痛が続きます。
その後、1週間ほど経つとおさまるケースが多いのですが、実はそれ、完治したわけではありません。

一度悲鳴をあげた腰は、その後、ちょっとしたことでぎっくり腰になりやすくなります・・・!

つまり、ぎっくり腰は一度発症してしまうと、再発の恐れが続くんです・・・!

そんな怖いぎっくり腰ですが、一番の対策は、そもそもぎっくり腰を発症しないように予防すること。



ぎっくり腰の解消法

1、当院の骨盤矯正を受ける


当院の骨盤矯正で痛みを引かすことは可能です。ただ、今後の事を考えると骨を正しい位置に戻すことで再発しないように予防もします。





2、RICE処置

Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。RICE処置を損傷直後に適切に行うことで、治癒を早めることができます。



  • Rest(安静)-スポーツ活動の停止
    受傷直後から体内で痛めた部位の修復作業が始まります。しかし、患部を安静させずに運動を続けることでその作業の開始が遅れてしまいます。その遅れが結果的に完治を遅らせリハビリテーションに費やす時間を長引かせてしまいますので、受傷後は安静にすることが大切です。
  • Ice(アイシング)-患部の冷却
    冷やすことで痛みを減少させることができ、また血管を収縮されることによって腫れや炎症をコントロールすることができます。
  • Compression(圧迫)-患部の圧迫
    適度な圧迫を患部に与えることで腫れや炎症をコントロールすることができます。
  • Elevation(挙上)-患部の挙上
    心臓より高い位置に挙上をすることで重力を利用し腫れや炎症をコントロールすることができます。






お問い合わせボタン


ページトップに戻る